ダイアモンド・プリンセス号内の新型肺炎対策はどこの責任か

 クルーズ船内で発生した新型肺炎に対する防疫の責任は旗国のイギリスにあるのではないのか。船長もイギリス人と聞く。だがイギリスは同船に関してはだんまりを決め込んでいる。日本は同船の寄港を拒否しても良かったが、人道的見地から入港を認め、防疫に努め、医薬品、食料、燃料等を供給するなど尽力した。日本政府が乗り出すまで、同船内では何の対策もなされていなかったと言うから呆れる。

 その努力を米政府は認め謝意を表していると聞くが、米マスコミは批判するだけ。イスラエルは同国人51人が無事帰国したと大使館が感謝を述べている。だが旗国のイギリスは何も言わない。イギリス或は運営会社がやらねばならぬことを日本政府が代わって尽力したのに、どちらもだんまりとはどういうことか。G20で麻生大臣がイギリスに文句を言ったそうだが、当たり前だ。同船の防疫に要した費用は英政府か、同船を運営している米国の会社が返済すべきである。日本政府は返済を要求して良い筈だ。

 もう一つ。4月の習近平の来訪は延期、と言うより中止すべきだろう。政府の決断を望む。

クルーズ船ダイアモンド・プリンセス号への対処は日本の責任ではない

 日本政府がダイアモンド・プリンセス号の乗客乗員を船内に留めて検疫を行なったことを、ワシントン・ポスト紙が人権蹂躙と非難したそうだが、これは明らかに的外れである。

 同号は日本船籍でなくイギリス船籍であり、運航しているのはアメリカの会社である。従って管轄権はイギリスにあり、同号内で発生した新型コロナウィルスへの対処の責任はイギリスもしくは運営会社にある筈だ。同船はあちこちを周航しており、新型肺炎発症時にたまたま横浜港に入ろうとしていたのであって、これがもしも他の港、例えばシンガポールに入港していたなら、シンガポールに対処責任があると言うのだろうか。日本は同号の入港を拒否することも出来た筈である。拒否せず検疫を行なったり、発症者を入院させたり、医薬品や食料や燃料を供給したりしたことを感謝されても可笑しくない。それにも拘わらず、全員を船内に留めたことを人権蹂躙と言うなら、4000人分もの個室の有る空き施設など我が国には存在しないことも踏まえ、日本は寄港を拒否し、同船の管轄権を持つイギリスか、運航会社の有るアメリカにお引き取り頂くしかない。その場合、検疫は遅れ、感染者は今より遥かに多くなる恐れもあるが、馬鹿な批判をする奴らが居るからには、そのような状況が起きても止むを得まい。今回の件を踏まえ、国際的に対処法を根本から議論すべきえある。

新型肺炎への対処の拙さが日本の信用を損なった

 政府は新型肺炎への対処に失敗したようだ。その原因は第一に中国に忖度し過ぎたことで、初期に中国からの入国を停めるべきだった。第二は対処が遅過ぎ、且つ対処法が甘く不徹底だったこと。そして今一つ、政府の情報開示が遅く、隠蔽と取られたらしいこと。これが将来どのように悪く作用するか、極めて恐ろしい。

 ロンドン市長候補が東京五輪をロンドンが代行しようと言い出したが、日本不信が進めば本当にそうなることも有り得るだろう。情報隠蔽福島原発メルトダウンを当時の日本政府が直ぐに認めようとしなかったことに始まるらしい。今回も確かに煮え切らぬ気配を感じるし、官僚たちの隠蔽体質がちちらほら伝わって来るが、官僚どもをまともな方向に引っ張れない大臣達もだらしない。

 第三次か第四次が知らないが、安倍内閣の中で今の内閣が一番質が落ちるようだ。大丈夫か。安倍さん、しっかりして呉れよ。

野村克也を偲ぶ

 野村克也が亡くなった。野村は長嶋茂雄らと同世代で、活躍した時期は昭和30年代の前半から40年代半ばで、戦後の第二世代と言って良いだろう。戦争直後の世代は打撃の神様と謳われた弾丸ライナーの川上や物干し竿の藤村、二塁の名手千葉や最初のホームラン打者大下、完全試合第一号の藤本、素晴らしいコントロールで打者を翻弄した若林、塀際の魔術師と謳われた平山らが思い浮かぶ。野村は長嶋や王と共にその後に続く、言うなら戦後の第二世代を代表する選手だった。野村は長嶋や王がひまわりなら自分は月見草と評したが、これはまさに言い得て妙と言うべきだろう。野村は第一級の選手ではあったが、長嶋や王のような絢爛豪華に時代を代表する存在では無かった。捕手というポジションのせいか、どこか陰の人と言うか、地味なイメージが付き纏った。だが、インサイド・ワークにかけては他の追随を許さなかった。この点で長嶋や王とは全くタイプが異なる。長嶋は集中力の凄さが尋常では無く、瞬時に超集中状態即ち無我の境地に入ってしまい、野村のささやき戦術が全く通用しなかったと彼自身が脱帽していた。長嶋のもう一つの特徴は勘の冴えであろう。彼の勘の鋭さも他人の遠く及ばぬ所で、その逸話も残っている。これらを総合して野村は長嶋を唯一人の天才選手と評していた。野村が達人選手だからこそ言えた言葉と思う。

 ご冥福を祈る。

本能寺と鉄砲

 昨日の「麒麟が来る」の最後の方で、本能寺が鉄砲を作らせていると道三に語る場面があった。またNHKが勝手に歴史を作っていると思ったが、調べて見ると本能寺が鉄砲に絡んでいたのは事実らしいと知った。それを道三に告げた人物が居たかどうかは知らないが、本能寺と鉄砲の意外な関係には驚いた。当時鉄砲は堺と思って居たが、京の都に鉄砲に絡む寺院が有ったとは全く意外だった。本能寺は何時頃から鉄砲に関係していたのか。本能寺が自分の意志で始めたのか、誰かに言われて関係し出したか。誰に納めていたのか。それに要する資金はどこから出ていたのか。色々と興味は尽きない。もっと詳しく知りたいものだ。

今日の家族に乾杯は良かった。

 今日の家族に乾杯は鶴瓶とシシドカフカ越前町探訪記で、総てが非常に良かった。鶴瓶の人との応対が素晴らしいのはいつものことだが、ゲストのシシドカフカも又見事だった。更に二人と出会った人達と話がまた素晴らしく、最初から最後まで引き込まれるように見てしまった。家族に乾杯の中でも上位にランクされる出来栄えだったのではなかろうか。

 番組の中で興味を惹いたのは越前町織田信長と言うか、織田家のルーツらしく織田の地名が今も有ると言う件。その越前町織田の劒神社に残る古文書にそのことを物語る記述が残っていて、それを映していたこと。ここが織田家発祥の地とすれば、織田家がどのようにして尾張に移ったのか、興味は尽きない。

 越前の海岸は河野海岸と呼ばれていたらしく、以前持っていた地図に河野海岸の名が記載されていた。南越前町には今も河野と言う地名が残り、河野小学校や河野郵便局の名が地図に見える。伊予の河野氏と関係があるのだろうか。

 次回は岐阜市の由。これも是非観たい。